ENWA株式会社

提供ソリューション

放送局低遅延送り返しシステム
簡易中継システム
 防災 現場映像伝送システム
ドローン映像伝送システム
各種防災映像の二次配信システム
情報共有型TV会議システム
 医療 遠隔病理診断支援システム
手術室連携システム
救急車両向け映像伝送システム
製造業遠隔作業支援システム
遠隔点検システム
構内巡回監視システム
商品開発コンセプト

弊社は2006年に映像伝送システム「EyeVision」を発表して、放送・医療・防災の3つの分野を中心に導入してまいりました。

その経験を生かして2017年より最先端の技術を採用した映像伝送システムの開発に着手しており、高品質な「ライブ配信システム」「ライブ視聴システム」「TV会議システム」の基本システムを完成させました。

この基本システムを必要に応じて組み合わせて、特定の業界と特定の用途に特化したインターフェースと管理システムを搭載した専用システムを順次商品化する計画でございます。

新着情報 ~Infomation~
2022
10/26.27
 新技術創出交流会 2022に出展致しました。
2022
7/20.21.22
 第8回国際ドローン展(メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022)に出展致しました。
2022
6/29.
30.7/1
 第6回映像伝送EXPO(通信・放送Week2022)に出展致しました。
2022
6/11
 第28回日本リハビリテーション学会学術集会に(株)グッドケア様ブースにて出展致しました。
2022
6/8.9
 横浜国際消防・防災展(IFCAA2022)に出展致しました。

経営革新計画達成企業に認定されました。

ENWA株式会社は、2016年11月に「大阪府経営革新計画承認企業」に認定されました。
2020年11月に4年の計画が終了し、

①付加価値額にて12%以上の伸び率を達成しました。
②経常利益にて4%以上の伸び率を達成しました。
③最終年度(2020年度)にて黒字決算を達成しました。

この条件により、 「大阪府経営革新計画達成企業」として認定されました。

達成証 
達成証が閲覧できます。

-参考-
(※)計画目標伸び率等とは・・・付加価値額または一人当たりの付加価値額が年率3%以上(3年計画は9%以上、4年計画は12%以上、5年計画は15%以上)かつ経常利益の伸び率が年率1%以上(3年計画は3%以上、4年計画は4%以上、5年計画は5%以上)かつ、最終年度が黒字であること。

【達成企業シンボルマークを使用できる企業】  
 平成28年10月以降に計画が終了した企業のうち、計画期間終了時において、計画目標伸び率を達成し、かつ最終年度が黒字の企業。

第8回 12誘導心電図伝送を考える会 「Web開催」

企業セッションオンライン出展を行いました。

会期:2021年1月16日(土)

ライブ配信
2020年1月16日(土)10:00~16:00
オンデマンド配信
2021年1月18日(土)~2021年2月16日(火)

救急車両向け映像伝送システム
EgCaster「イージーキャスター」の紹介を行いました。

第四回 映像伝送EXPOに出展致しました。

期間:2020年10月28日~30日 場所:幕張メッセ

CM作成用リモート試写システム「CreatorVision」
の出展を行いました。

株式会社デジタルエッグ様と接続してのリモート試写の実演を行いました。
10月28日 4ラウンド
10月29日 4ラウンド
10月30日 3ラウンド

CM作成用リモート試写システム「CreatorVision」にて、4K画質での実演を行いました。

「見守りシステム及び見守り方法」で特許取得(特許No.6680563)

「特許取得」について
大阪府経営革新計画での申請内容に基づき、2016年に中核技術を特許申請致しました。
2020年3月、特許庁より特許が認められました。

特許証 
取得証が閲覧できます。
RadarVision 
取得特許を適用した開発中の商品となります。

愛媛県新居浜市消防本部 EyeVisionによる現場映像伝送訓練

2019年10月24日 愛媛県の新居浜市消防本部におきまして、EyeVisionを活用した現場映像伝送の訓練が行われました。
訓練の模様が、地元の新居浜・西条のケーブルテレビにて放映されてました。

大阪府経営革新計画承認企業に認定されました。

「経営革新計画」について
大阪府では、中小企業者の経営革新への取り組みを支援するため、「中小企業新事業活動促進法」に基づき、中小企業が自ら策定する新事業計画を審査し、一定の革新性、経営の向上、実現可能性のある計画を「経営革新計画」として承認しています。

Return Top